0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

ルノルマンカードを盛り上げよう!!

ってことで
【ルノルマンカード振興戦略会議】という名のランチ会に参加♪

ルノルマンカード使いの中でも
その実力と認知度では一線を画しているお二人。




高橋桐矢先生と、桜野カレン先生とご一緒させていただきました!!

DBJT8eUUQAAOW_A.jpg


癒やしのキリヤ先生と、美しいのにお笑い要素満載なカレン先生
美人さん大好き!(´∀`*)ウフフ


キリヤ先生とも、プライベートでお会いするのは2回目。
カレン先生とは初めて。


お会いしたら、なんてご挨拶しよう~とか
なにをお話ししよう~
なんてドキドキしながら席に着いたのですが
食いしん坊のわたしらは美味しいご飯に夢中になり
すっかりとルノルマンのお話の前に打ち解けてしまいました。


美味しいご飯は正義!!(なんのために集まった)

ご飯を食べ終わっても尽きない 女子 ルノルマントーク。

場所を変えてルノルマン談義の続きです。
お店選びは、カードを広げられるように、テーブルの大きいところ。



IMG_0843.jpg 

テーブルも大きかったですが
ケーキも大きかったです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


そして、その大きなテーブルに
ルノルマンカードをフルに並べまして・・・

IMG_0860.jpg 


カレン先生を占わせていただくワタシ。
大好きなハウス読みで鑑定~♪

IMG_0855.jpg 

カレン先生に占っていただくワタシ。
恋愛見てもらったから超真剣に聞いてるよ!!

カレン先生の読み方は、すんなり頭に入る。
入るけど、この忘れっぽい鳥頭を警戒し、録音させてもらったさ。



jio.jpg 


そして、キリヤ先生には
ジオマンシーでお仕事占ってもらいました♪

ジオマンシーすごくおもしろい!!
これ習いたい!!
お講座やってー!!
と、キリヤ先生におねだりしておきました( ̄∀ ̄*)イヒヒ


とっても素敵なお二人との作戦会議は
お笑い楽しいお話半分、真面目なお話半分。

ちゃんと、ルノルマンカードの今後についてとか
もっともっと、たくさんの人に知ってもらうには
どうしていけばいいかとかもお話してきました!


3人とも、同じカードを使ってはいますが
その使い方、読み方、伝え方は本当に個性的。

でも、それぞれがちゃんと自分の中で芯を持って
その方法を使っています。

ルノルマンカードは自由度が高いのが強みなので

これが正統派!だとか
このやり方以外は認めない!とか
そんな排他的なものではありません。

だからこそ、他の先生のやり方を
素直にいいな、って思えるし
それを学んでみたい とも思えるのですよね。


素直にそう思わせてくださる
キリヤ先生、カレン先生にお会いできて
ほんとに幸せな時間でした♪


これから3人で、いろいろと悪企みしたいと思います(ΦωΦ)ふふふ・・・・


★━━━━━━★
  お知らせ
★━━━━━━★

【ザ・ルノルマンカード】の書籍が
7月14日に、説話社さんより発売されることとなりました!
説話社さん、Amazonさんでの予約受付が開始されいます!

実際の講座テキストをベースにした、初心者から使える解説書です。



※説話社さんのHPからもご予約していただけます!


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
   あなたの夢を現実にするお手伝い
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

◆ パワーストーン・占いの店  QUINZE NITS
http://quinzenits.cart.fc2.com/

◆ Facebook
https://www.facebook.com/kaori.sakurai.121

◆メルマガ「満月通信」
 満月の2日前に発行・ご登録はこちらから
メルマガ「満月通信」

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★







スポンサーサイト
【 2017/06/01 (Thu) 】 ルノルマンカード | TB(-) | CM(0)

ルノルマンカードのおもしろさ◇3

ルノルマンカードでのリーディングは
複数のカードを連動して読む
コンビネーションと言われる読み方を主に使っていきます。


特に、36枚のグランタブローの場合
キーカードを中心にして、その流れで読んでいきますから
そこを理解しないと、どこをどう読んでいいやらさっぱり・・・となるわけです。

なので、カードに慣れるだけではダメだったのです。

前世鑑定は、1枚ずつ独立して読んでいるので、カードの意味は覚えられても
コンビネーションリーディングができなかったのですね。


ルノルマンカードでのリーディングに
正位置・逆位置をとられる方もいらっしゃいますが、私は取りません。

ルノルマンカードの場合、
ネガティブなカード、ポジティブなカード、どちらでもないカードがあり
キーカードからの距離で、その影響度や、内容が変わるのです。
なので、わざわざ、正逆を取る必要がないと、私は思っています。

今回開講するリーディング講座は、全部で6回の講座になります。
じっくりと、ゆっくりと、段階をふんで進め
36枚すべてを使えるようになっていただくことが目的です。



36枚を使ってのリーディングは、とても面白いです。
相談者となる人物カードを中心に見ていくので
その人が気づいていなかった部分に原因があることが分かったり
あと一歩で上手くいくのに!という
その障害がなんなのかというところが、ぱっと、視覚的に分かったりします。


相談者を中心に、その方の世界観が、そこに広がっているのですから。

恐らく、カードを買って、意味だけは覚えた!という方もいらっしゃると思うのです。
しかし、うまく使いこなせない・・・と言う方もいらっしゃるのではないかと思います。

このルノルマンカードは、現時点で本当に殆どと言っていいほど、日本語の文献がありません。
実践で使用している占い師さんも、最近は増えてきているようですが、
タロットに比べると、まだまだ数少ないです。
わたしも、そのような中で、カードについていたブックレットだけではやはりうまく読み切れず、
海外の書籍や、サイトなどから独学で得た知識、そして、実践で培った知識となります。
タロットもそうですが、ルノルマンも日本での情報が少ないだけで、
他国ではオリジナルのものや、流派等があり、すべてが統一されているわけではないようです。
同じ枚数のレイアウトの仕方であってもAさんとBさんの書かれている配置した場所の意味、
カードの読み取り方、解釈の方法には違いがあります。
伝統的な読み方を学ぶということで、そのように謳われている書籍なども読んでみましたが、
やはり、解釈の仕方自体は、様々です。
その中から、自分がしっくりくる解釈、読み方を選択し使用しております。
今回のものは、実践に使用できるような形での講座とはなりますが、読み方の基本の一つです。
わたしの講座で使用する、カードの意味一覧は、書き込み式になっています。
本来、このような講座では

1ページに1つのカードをじっくりと解釈していくようなテキストを使用することが多いかとは思いますが、
そのような膨大な情報は、読むだけでは一度には頭に入りません。
キーワードや基本の意味は書いてありますが、詳しいことは講座で筆記してもらいます。
敢えて空白を設けているのは、今後のためでもあります。
おそらく、これからさき、日本でもルノルマンに関しての情報・書籍など増えてくるでしょう。
今回の講座でお教えする手順や解釈と違うものも、当たり前のように出てくることと思います。
その中には、あぁ、このような読み方があるのか!と、自分が納得できるものがあるでしょう。
実践していく中で、自分のカードの癖がでてきて、
こういうレイアウトの時は、こういう読みがあっているかもしれない・・・というように、
追加してメモしたいことがあるかもしれません。
そのようなときに、その空白部分を埋めていただき、
自分専用の、オリジナルのルノルマンカード意味一覧を作り上げていっていただきたいのです。
なにが正しくて、なにが間違っていると振り分けるのではなく、
自分が納得できるものは柔軟に受け入れて、
自分のものにしていっていただければと思いながら、今回の講座を作らせていただいております。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
   あなたの夢を現実にするお手伝い
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
◆ パワーストーン・占いの店  QUINZE NITS
  http://quinzenits.cart.fc2.com/

◆ Facebook
  https://www.facebook.com/kaori.sakurai.121

◆メルマガ「満月通信」  
  満月の2日前に発行・ご登録はこちらから 
  メルマガ「満月通信」
【 2013/09/02 (Mon) 】 ルノルマンカード | TB(0) | CM(0)

ルノルマンカードのおもしろさ◇2

さて、続きです。

ルノルマンカードの醍醐味・・・といいますか、おもしろさは、
36枚のカードすべてを広げて読んでいく、フルオープン型の占術につきるのではないかと思います。

もちろん、スリーカードや、9カードの方法もあり、それも楽しいのですが
わたしがルノルマンカードを始めたくなったきっかけが、すべてを広げて読んでいくという
その面白さだったので、それは外せない!と思ったわけです。

では、その醍醐味です!(`・ω・´)キリッ

36枚すべてを使って読んでいくやり方は

フルオープンとか、フルボードという名称がつかわれる場合もあるのですが
ルノルマンの文献を読んでいきますと、
ほとんどが、グラン・タブロー(Grand Tableau)という名称が使われています。
大きな絵という意味があるそうです。

講座では、36枚を使ったレイアウトを
グラン・タブローという名称で使用していきます。

で、実際どんなんなん? ってことですが



こんな感じです。

画像のものは8×4+4の配置。
このほかに、9×4の配置もあります。

読み方ですが、通常は、キーカードと言われる人物カードをまず見つけ

そこを基準に読んでいきます。

・・・はっ、画像では男性が右上、女性が足元の4枚のうちの一つになってますね。
これでは普通の説明ができませんねww
(休憩中にテキトーに並べたので、このようなことになってしまった…)



気を取り直して、その人物カードですが
男性は「ジェントルマン」と言われるカード、
女性は「レディ」と言われるカードを象徴とします。

質問者の性別で、中心になるカードが変わるのですね。

で、これで何が読めるのか・・・ということですが
なんでも読めます(`・ω・´)キリッ

しかも、一回の展開だけで、様々読んでいくことができます。

わたしは、このカードでの鑑定を、塔里木様でおこなっているのですが
30分の鑑定で、「恋愛・結婚・仕事・金運」を拝見したりするのですね。

恋愛を象徴するカードは「ハート」のカードですから
レディのカードから、ハートのカードまでの距離や、
その間に入っているカードが持つ意味などから恋愛の現状や流れを読んでいきます。
結婚は、契約などを見する「指輪」のカードを探して、やはり同じように見ていきます。



同じように、仕事なら「キツネ」・・・・というように
どのような質問を重ねられても、
レディを中心に見ていくことができるのです。



さらに、お仕事をもうちょっと詳しくみてほしいの。
という時も、展開したカードはそのままでOKです。

さっき、仕事はキツネのカードと言いましたが、
仕事を詳しく視るときは、「キツネ」のカードを中心に見ていけばいいのです。
(月のカードや錨のカードが仕事のカードとも言われています。
 本来はキツネは仕事のカードじゃなかったんだって。でもこれで定着してる資料が多いの)



えー。そんな、展開の手間省いたみたいな鑑定で当たるのー?と思われますよね。

でも、今自分を取り囲んでいるものすべてを、カードで配置したとしたら
その一回が、自分を中心に動いている世界そのものを表していると思うのです。

少なくとも、今までルノルマンで鑑定させて頂いたお客様は
殆どの方が、「そう、そうなんです!」と、
同じ展開で、中心軸を変えるだけなのに、話の繋がることを不思議そうに
でも、おもしろい!とおっしゃってくださっています。


しかし、先の記事にも書きましたが、わたし、初めてこのカードを手にした時、
案の定、挫折しました。

数年前にカードを手に入れていたにもかかわらず、
その読み方の手順自体がむずかしく、これでいいの?あってるの?という不安なもの。

手に入れたカードを、いったん封印したほどですw
その後、前世鑑定にルノルマンカードを使用することで少しずつ慣れていき
文献なども調べていった上で、36枚すべてを使って読むことができるようになりました。

やっぱり、慣れって言うのは大切ですねぇ・・・

でも、慣れたからと言って、すぐに36枚が読めるようになったわけではなかったのです。

次は、お講座の内容に触れつつ

もうすこしだけルノルマンカードのお話にお付き合いください。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
   あなたの夢を現実にするお手伝い
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
◆ パワーストーン・占いの店  QUINZE NITS
  http://quinzenits.cart.fc2.com/

◆ Facebook
  https://www.facebook.com/kaori.sakurai.121

◆メルマガ「満月通信」  
  満月の2日前に発行・ご登録はこちらから 
  メルマガ「満月通信」




【 2013/09/01 (Sun) 】 ルノルマンカード | TB(0) | CM(4)

ルノルマンカードのおもしろさ◇1


香が鑑定で主に使っているのはふたつ。
タロット大アルカナを2組合わせたダブルデッキタロット。
そして、このルノルマンカードです。

ルノルマンカードは、諸外国では結構使われているのですが
日本では、ほとんど文献がなく、実践で使っていらっしゃる占い師の方も少ないカードですので、
どんなカードか知りたい、どのように占うのか知りたいという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ルノルマンカードってなに?
ということで、少しご説明させて頂きたいと思います。



画像は、愛用している、アールヌーボ調のルノルマンカード。

ルノルマンカードは、四葉のクローバーや鳥
十字架、指輪、手紙などの象徴から成る36枚のカードです。

36枚のものを、プチ・ルノルマンカードと言います。

タロットではないカードを、ジプシーカードとか
オラクルカードとして表記されることが多いので
このプチ・ルノルマンも、オラクルカードとして分類されていることが多いようです。
(2013年現在)


18世紀後半から19世紀前半にフランスで活躍した占い師、
マリー・アン・アデレード・ルノルマンにちなんで名付けられたカードです。

彼女の占いの精度は高く、多くの有名人や富豪などが彼女の顧客であったと言われています。
ナポレオンが顧客だったとも言われていますよ。
(これも眉唾物らしいですが)

日本でルノルマンカードの使い方などを検索すると、
【ルノルマン女史が考案したカード】という説明文がよくあるのですが、
ルノルマンカードは、彼女の名前にちなんでつけられてはいますが、
ルノルマン女史自身がこのカードの制作には携わっていないと伝えられているのです。


というのも、現在の形の36枚のカード、プチルノルマンといわれるカードは、
彼女の死後に作成されたもので、
現在の形の最初のデッキは、
1850年頃ドイツで作られたと言われています。


16世紀~17世紀にヨーロッパで流行っていたコーヒー占い、お茶の葉占いとかに
希望のカード(ルノルマンの原型と言われる)」のシンボルと共通したものが割とあったそうな。
それが希望のカードの元かも、とも言われているそう。

(2016年加筆)


一般的に、ルノルマン女史がいたフランスでは
著作権などが厳しいことで知られています。

ですので、勝手に名前を使うことなどないのでは?ということで
生前にそのカードの作成に携わっていたのではという説もあるようです。

(彼女の没年が1843年と言われています)

しかし、ルノルマン女史が活躍したフランス本国では、このカードは
スルーされていたという話もあり、企画に携わっていたというのは有力ではないのかなーと思います。
(今回、文献いろいろ探したけど、フランス語の文献少なかった。あっても読めないけど)

さて、プチルノルマンというには、大きいものもあるの?という疑問が出てきます。

実は、プチルノルマンの前身として、54枚のグランルノルマンというカードがあったのです。
これには諸説あるようで、プチ・ルノルマンは彼女は携わっていないけれど、
グラン・ルノルマンの企画には携わっていたという話もありました。
真偽のほどまでは調べておりませんが^^;

しかし、グランルノルマンはカード自体が大きく、いくつかの象徴を1枚のカードに配置し
非常に使いにくかったといわれています。
(グランルノルマンカードは、今でも入手可能のようですよ)

そこで、カードを小さくし、一つのカードに一つの象徴のみ配置した、プチルノルマンができたとかできなかったとか。
関係はないと言われてますけどね。


そのような経緯ですので、枚数が減っただけのように思われますが、
この2つのデッキの内容には、ほぼ共通性はなかったそうですので、
似た名前の別のものとして扱っても差し支えないでしょう。

日本では、ルノルマンカードを使った占いの書籍は、現段階(2013年)では、ほぼありません。

木星王さんの書かれた、カード占いの本に意味と少しのスプレッドが載っている程度かと思います。
サイトなどで調べてみても、日本語でルノルマンカードの使い方を説明しているサイトは数が少なく、諸外国から知識を入れていかねばならない状況のようです。

プチルノルマンカードは、デザインの簡単さ、認識のしやすさから、ヨーロッパで広まり、ルノルマンカードとして一般に出回るようになったとのこと。
海外ではルノルマンカードは割と一般的に広まっており、書籍なども多く出版されています。
その中でも、英語とドイツ語の文献が非常に多く、ドイツで生まれたカードというのもうなずける話ですね。


ルノルマンのカードを買うと、小さなブックレットがついてきます。
日本語の意味の一覧をつけてくれている会社もあります。

そちらをみると、グランドタブローといわれる、36枚すべてを使用した、フルオープン型の占い術方法が載っています。
しかし、それを見ただけでは、占うのは、非常に難しいのです。(´・ω・`)

では、次の記事では、ルノルマンカードの醍醐味ともいえる
36枚すべてを使用した占いの方法について、少しお話しましょう。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
   あなたの夢を現実にするお手伝い
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
◆ パワーストーン・占いの店  QUINZE NITS
  http://quinzenits.cart.fc2.com/

◆ Facebook
  https://www.facebook.com/kaori.sakurai.121

◆メルマガ「満月通信」  
  満月の2日前に発行・ご登録はこちらから 
  メルマガ「満月通信」
【 2013/09/01 (Sun) 】 ルノルマンカード | TB(0) | CM(0)
プロフィール

夢を形にする占い師☆香

Author:夢を形にする占い師☆香
ひとりひとりに合った方法で
あなたの夢を形にする 占い師 香です。


京都府生まれ。幼少より神話や妖精などの見えない世界に興味をもつ。

13歳で出会った占い情報誌「マイバースディ」がきっかけで占いに目覚める。

2003年、離婚後3人の子どもを連れて上京し
パソコン教室で室長として働きながら
プロ占い師としての活動を開始。

2007年、引き寄せの法則「ザ・シークレット」で衝撃を受け
願望実現の仕組みを求め
エネルギーワーク、魔術、潜在意識についての勉強を始める。


有名な法則やワークも
全ての人に効果が出るわけではないと気づき
占いを元に個人に合わせた方法で願望実現のサポートを始める。


自分用にカスタマイズした引き寄せワークを実践して以降
不思議なご縁とシンクロニシティが重なり
2010年より占い専門誌「Misty」にご縁をいただき本誌に記事などを掲載。

癒しフェア東京では、2010年より5年間
「Mistyブース」にて鑑定師として出演。


現在は、不動産会社で働きながら
東京・高田馬場の個人事務所にて
年間400名のセッションを行っている。


゚*********


・占い原稿の執筆
・各種イベント出演
・占い講座講師

随時 受け付けております。


お問い合わせは、下記からお願いいたします。

お問い合わせフォーム



゚*********



**メディア掲載**

** 雑誌 **

2010年 【MISTY 10月号】 
・巻頭カラー チャネリング座談会
・付録 チャネリングアート ヴェルダンディ監修

2010年 【MISTY 7月号】
・付録☆パワーストーンアイテム掲載

2010年 【MISTY 3月号】
・付録☆ハートミュージックセラピーCD
 収録曲プロデュース

2010年 【MISTY 2月号】 
・読者お悩み相談 お悩みセレブ回答

2010年 【MISTY 1月号】
・「CLOSE UP TALK」

** イベント **

・2009年~2014年
 
 癒しフェアTOKYO MISTYブースにて鑑定

・2010年 6月 
  
  月島お祭りイベント

・2012年~2014年
 
 スイーツパラダイス タロットコーナー出演

メルマガ登録フォーム
メルマガ登録・解除
キンザニッツ~満月通信~
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
訪問者
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック