01123456789101112131415161718192021222324252627282903

原点☆

あたしが初めてスピリチュアルなものに触れたのは
母の霊感リーディングだった。

お店のお客さんとかには
いろいろみてたようなことを聞いたことがあるけど
あたしが見てもらったのは1度だけだったので
すっかり忘れてたw

占いの原点は、中学生になってすぐに買った
雑誌 My Birthday(懐かしいぞ・・・)

その付録でタロット占いを知って
自分でもやるようになって・・・

MB 会員のサークルでお手紙で占いさせていただいたりして(*´ω`*)ポッ
(あそこで、当たらないといわれてたら今のあたしはなかったなw)


その後、今のように幅広く
いろんなものに興味を持つようになる前
「('0')/ハイ! ごろーさん!」
で おなじみの、
雑誌「本当にあった怖い話」に連載されていた
「チャネリング体験記」を読んだ。
(原案:大和真紀/画 瀧 清流)

そう、これで初めてチャネリングを知ったの。


この話を読みたいがために
毎号買ってたなぁ。。。

1990年から始まったこの話は
チャネリングだけでなく、いろんなものを題材にしていて
この本を読んで知ったことがたくさんある

今、あたしが興味を持っているほとんどは
ここから派生しているんだ。


チャネリングはもちろん
本格的な瞑想や、呼吸法
誘導瞑想による過去世回帰ワーク
(今で言うヒプノセラピーかな)
ハイヤーセルフや、オーラ
インナーチャイルドに、前世など・・・

当時は、誰ともそんな話できなかったし
ネットが普及していなかったせいもあって
そういった情報が手に入らなかったので
あたしにはとても、魅力的な本だったの。


その中で、一番印象的だったのが
故ネビル・ロウ氏の誘導瞑想を受けた方が
過去世を見ていたはずなのに
未来世が見えたエピソード

時間と空間について
初めて考えた話だった



バシャールとかエクトン
シャーリー・マクレーンの一連の書籍や
当時のニューエイジと呼ばれるものに触れるための
基礎を、ここで仕入れた感じ。


もう、15年以上になるけれど
これだけは、何度引っ越しても残しているの


ほかの書籍のように
読み返しては新しい発見・・・というのは
少なくなってきてしまったけど

読むたびに、
あたしの中のワクワク感が甦ってくるの

なにを望んで、なにを期待して
なにに惹かれてこの世界に触れてきたか
いつも思い出させてくれる本なのです♪
スポンサーサイト
【 2008/02/29 (Fri) 】 ぷらいべーと♪ | TB(-) | CM(0)

M姐(注:とても可愛くてきれいな人←ご本人談w)
R嬢(注:とても天然で可愛い人←これはあたし談w)
とお話してて

昨日の記事の「ラザリス」とはなんぞや?
との疑問をいただいたので
それについての会話をまとめてみました。

本の紹介も上手くできないし
ちょうどいいやねw

☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆


でもね、本自体が
2002年初版だから
わりと古いの
その時代のレベルに合わせて書いてあるから
ニューエイジとは何か。とかそういうのもあるし

R嬢: 今は そんな言葉 使わないかな?

んー、スピリチュアルという言葉が

まだ、浸透してなかったのかもしれないというのと
新しい時代の幕開けっていうのを、控えてた時代だからね
自分たちが知らなかった、古くからあるものを取り入れて
それを新しいこととして他の人に教えてた人が、スピの師匠として蔓延ってた時代だから
ニューエイジの定義がしっかりしてなかったのね

西洋の人が、東洋のものを新しい概念として出すような感じね
その人たちには新しいことだから、悪いことではないのだけどね

でも、ラザリスの警告は(※警告って言葉ではなかったかも)
今の時代までひきつづいてるのよ


んとね、一番わかりやすい言葉としては
師匠をもつなと教えている師匠が居ることに気づけ。だな

選択肢を与えているのではなく、自分の考えを教えている人
本人はそのつもりはないだろうけど
それ以外の選択をすると、あなたは間違っているもしくは
まだ、そのレベルまで達してないといって
その人の、選択の自由を認めず
暗黙に自分の考えを押し通す人

でも、今の時代、スピが蔓延してるので
そういう教えの人に人が逆に集まる

どれがいいとか悪いとかは本当はないのにね

こういう批判もね、だめかもよw

すべての考えを認めた上で受け入れなくても
そういう考えの人と、それに群がる人がいるということを知っていれば、
自分が選択できる幅は広がるので
何も知らないよりは、知っているほうがいいと思うのよね

ラザリスの例え話では
整数は、なぜ整数といえるのか

整数ってなに?

1・2.3.・・ってやつでしょ
1.5とか、1/2とかは違うでしょ

R嬢: 整数とは いわないね
M姐: 0も入るよね

でも、それは、少数や、分数を知らなければ、整数とはいえず
ただの数字

他の事を知っているからこそ、これは何かと言う定義が出来る

例えば、私たちは地球人ですと
昔の人がいったかどうか?

地球以外の星は月と太陽
人間は地球にしかいませんという考え方で
地球人とはいわないし、いう必要はないわよね
ってことですw

だと、あたしは思ってるんだけどね

じぶんが、ニューエイジに居るのか、
オールドエイジに居るのか、
それともニューエイジを装ったオールドエイジに居るのかは

それらがあるということを認めないとわからないものでね
自分はその場所に居るのは、自分が選択したからだという事実にも気づけないし
自分の望む場所もわからないのよ

パラレルワールドへ転送されるときも
他の世界があるってことをしってないとd(^-^)ネ!

それが、周波数を合わせるということだと思いました。

いや、これは単にあたしの考えを、ここでまとめさせてもらっただけw

R嬢: すべては 必要なのかもしれないね
    無駄なものはにゃい


必要ないものはあるけど、無駄はないわねw


R嬢: いろんな選択肢から 必要か そうでないか 自分で 選ぶ!

で、ここからバシャールになるけれど
2012年は
アセンションだといわれているが、それと同時に
宇宙連合からの隔離が解かれるのです

ある意味、地球は孤立していたそうです
つーのも、地球人が、他の世界とのコンタクトを拒否してたから
ちゃうな、拒否じゃないや
その存在を認めなかったから

※ここは、変ないいかたしちゃったので本から引用しますね

ずいぶん前から地球は宇宙連合が直接働きかけるのことのできない
ある種の隔離状態にありました。
2012年は、その隔離状態が終わりを告げるので、
もし選択するならば、地球は他の星々と直接コミュニケートできるようになります。


皆さんは、何千年もの間、自分たちが別の次元や別のレベルと繋がっていることを忘れるという選択をしてきました。
ですから、私たちは、皆さん人類が主としてその選択をしたことを尊重しなければならず、
また、皆さんのプロセスに介入してはならないのです。

※で、2012年は、私たちの意識が覚醒してくるので
 バシャールたちが介入しても、プロセスを邪魔することがなくなるんだそうです。


M姐: 認めてるのに 見えにゃいw
こちらが望まない限り、向こうは介入できないの
それは、地球レベルで認められないとだめで
それが2012年なのよ

R嬢: 個人では だめなのきゃ?

チャネリングとか出来る人は
個人でできてるでしょ

それは、高次での約束とか取り決めなんだって
んとね
バシャールとかは、波動をさげてくれてるの
こっちは波動をあげるの

それが融合できないとコンタクトは取れないよね
その融合まで波動をあげれる人がチャネリングできるんだと思うの
もちろん、それ以前の条件に
認めますというか、コンタクトしたい!っておもうコトが必要



☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆


なんだか、中途半端ですが
こんな感じでお話は進んでゆきました。

まだまだ書きたいことはたくさんあるのだけど
機会を見つけて
またUPしていきますね。

そっか、友達に話すように書けばいいのか
(今頃気づいた。。。)
【 2008/02/25 (Mon) 】 ぷらいべーと♪ | TB(-) | CM(0)

もう一度知る☆

「バシャール  スドウゲンキ」を、じっくり読んでいます。


宇宙連合の話とか
スタートレックの話とか
ボーっとするということとか
いろいろ書きたいことはあるんだけど
(全部前半部分かいw)

まぁ、それはまた後日ということで。


読み進めて思ったこと

この本を読む直前にこの本を読んでいてよかったなということ。


「ラザリス」


ずっと何年も、途中まで読んで放り出していたこの本は
本文の中に、ニューエイジなどの言葉がたくさん出てきていて
2002年発行なのだけど
もっと古い、「カミーノ」や「アウト・オン・ア・リム」などを彷彿をさせる。
訳者が同じだからかも知れないけどね。


でも、ネットが普及して
いろんなところから、いろんな情報を取り入れ
それを取捨選択できるようになった今。

この時期にもう一度それを読んだことが
今までの情報の整理になったり
あぁ、この頃に言われてたことはこの事だったんだと
腑に落ちたりして。


そうして、自分のなかで今までのいろんなことがまとまった上で
これからのことを入れることが必要だったんだね。
これからのことだけじゃないや。
今までの流れを、今現在知るということも大切だったんだわ。


で、そんな中
ちょっとしたきっかけがあって
再び、「ホ・オポノポノ」の
世界一風変わりなセラピストの文章を読んだのね。


何度か読んでいるはずなのに
なんだか
とっても思い違いをしていたというか
違う意味合いに受け取ってた箇所があってね

「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を癒していただけです」


ここね。
ちゃんと、そのままの意味で受け取っていたつもりだったんだけど
違ったのね

今日、電車の中でもっかいちゃんと読んでみて
あ、そっか
作り出した自分の中を癒してたんだ。
ごめんなさいは、そっちなのか!

って、思ったのね



あなたの人生への完全な責任とは、あなたの人生の中の全てが――
単にそれがあなたの人生に存在しているというだけの理由で―
―あなたの責任なのだと。
文字どおりの意味で、全世界があなたの創造なのだと。


こっちは、ちゃんと受け止めてたはず。
なのに、
この2つの文章が、あたしの中で繋がってなかったの

自分で造ったものは
自分で造り替えれるんだわ

今までをなかったことにするんじゃなくて
ちゃんとそれまでの自分と、その創造した世界も
認めて癒して、そうしたら新しい創造に移行できるのよね


きっと
思い込んでることはすごく多くて
この今の現状も環境も
自分の気持ちですら、そうかもしれなくて

だからこそ
時間を置いてもう一度、それに触れてみるということも大切なんだなぁと思う

そのときに凝り固まっていた自分はなりをひそめてて
いろんなことを柔らかく受け入れられる自分になっているかもしれないしね

故きを温ねて新しきを知る

って、こゆときに使っちゃダメなんだっけ?
どうだっけ?


☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆

広辞苑
古きをたずねて新しきを知る。昔の物事を研究し吟味して、そこから新しい知識や見解を得ること


孔子
先人の学問や過去の事柄をしっかりと研究しなさい。そこから現実にふさわしい意義が発見できるようであれば、あなたは人の師となることができる

【 2008/02/24 (Sun) 】 ぷらいべーと♪ | TB(-) | CM(0)

繋がるということ☆

きこりが山の頂にゆき、悟りを開きました。
そのあと、彼はなにをするのでしょうか?

その答えは

彼は木を切ります



ラザリス~「本当の自分」に出会う旅~

87031490.jpg

お友達と話している中で
チャネリングの話になって
そのときに読みかけで放ってあったこの本を思い出した

精霊ラザリスは肉体を持たない
ジャック・パーセル氏をチャネラーとしてメッセージを送ってくれる


この話は
「ハイヤーセルフと出会う」という項の中にある。


誘導瞑想のような形で
ハイヤーセルフに会いに行く

この瞑想の中で、ハイヤーセルフと出会う
この本では
ハイヤーセルフが本当に存在するかどうか
自分自身に問う
答えは自分で決める

さらに問いは続く
本当に見つける価値はあるのだろうか?

ハイヤーセルフと会うことに価値があるという
その観念は
このスピが蔓延している今の世で
いろんな情報から吹き込まれている

逆に
それに価値がないと言う人もいる

ハイヤーセルフに出会うことが
価値のあることかどうか
すべては自分で考える

価値があることだという思いは
自分で決めたものですか?
人の意見に左右されたもの?

本当に自分が必要と感じなければならない
他の誰も
あなたにとって価値のあるものかどうかは
決めることができない


なぜハイヤーセルフと繋がることが大切なのか

アセンションに必要だから?
自分の環境を、魔法のように一転させたいから?
特別だと感じたい?

繋がりを持つことは
自分が自分であることのために必要なんだと思う

瞑想をすること
直感に従うこと
自分の心に好ましいものを取り入れること

それらは
ハイヤーセルフと繋がるためのものだけではなく
それをすることによって
今の自分が
自分の未来が
少しずつ、確実に変わっていくのだと思う


ハイヤーセルフという言葉が
普通に会話の中に出てくるようになって
ハイヤーセルフと繋がることが
特別なことであると考えられるようになった


ハイヤーセルフと繋がることが出来れば
自分はどう変わる?

ハイヤーセルフと繋がることは手段であって
目的ではないはずなのに

繋がることが最終目的の人が多いような気がする

繋がった後
わたしたちはどうするのだろう


あなたはあなたの人生を生きてゆくだけです。

あなたはハイヤーセルフに「自分」という贈り物を渡し
ハイヤーセルフから「ハイヤーセルフ」という贈り物を受け取ることを
自分に許可しました

~ラザリスより~
【 2008/02/13 (Wed) 】 ぷらいべーと♪ | TB(-) | CM(0)

夢の話☆


昔から、割とハッキリした夢を見ていて
夢だと自覚した後の物語は
しっかりと覚えていることが多かった

さらに、同じ夢を何度もくり返し見ては
少しずつ、知恵をつけていって夢の中で成長するわたしw

繰り返し見ていたのは
日本人形が空飛んで追いかけてきたり
一戸建ての家の中で、窓から覗く鬼に見つからないように隠れたり
パラソルを持ち、風にのって屋根から屋根を伝い歩いたり(メリーポピンズかw)
そんな感じ。

あとは、壮大な物語になっていて
【起承転結】の【転結】あたりからドラマを見てるような感じで繰り広げられる夢。

これは、ちゃんと物語の設定が頭に入っていて
夢も、ラストまで見れるのね。
いつか、小説にでもしようと思って
書き溜めたノートが小さめのダンボールに一箱

読み返すと、削らなきゃいけなものが多くて
結局5~6冊になるかな?


まぁ、そんなこんなで夢を夢とわかってみることが多いのだけども

夢か現実かわからない夢を見て
でもやっぱり夢なんだなぁ・・・
って思ってる、忘れられない夢があるの。

途中までが、夢か現実かわからず
途中からは確実に夢

そんな夢のお話です(前置き長っ( ̄Д ̄;;

☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆


25のときに買ったばかりのマンションは
全戸が南向きの5枚窓のバルコニーつき

あたしは2階に住んでいたのだけど
マンションの前道路を挟んで川だったので
目の前に邪魔なものがほとんどなく
空がきれいに見えるお部屋だったの
(ここまで、現実のお話ね。もうそこには住んでないけどw)


午後11時ごろ、
ダイニングテーブルに顔を突っ伏してうたた寝中
音がしたのか、明るさなのか
どっちが原因かわからないけど
とにかく、目が覚めたの
(もともと、外の照明は明るいほうだったの)

寝起きの、ボーっとした頭で
窓の外に、何かが浮いていて
変な動きしてると思ったんだよね

UFOだ~。すご~い
と、頭がまだ働いてないもんだから
あまり感動もなく、見てた

UFOはどんどん近づいてきて
ベランダの手すりギリギリまで
黄色い半透明のUFOの窓から、
誰かと目が合った。と思ったのね。

UFOが飛び去った後に
遠くの空にまた、その姿を探したのだけど
もう見えなくて。

そこまでが夢か現実かわからないまま
再び寝たであろうわたしは、夢を見た。

そのまま窓から
遠くの雲をじーっと見ていたら
その雲がどんどん、一箇所に集まり
大きな一つの目を作った

ゾクッと寒気を感じ
慌ててカーテンを閉めたんだけど
怖いもの見たさ。

カーテンの隙間からチラッと覗くと
空一面に星が輝いていて
その星が一斉に動き、女性の顔をかたどった

時期だったからかしら?
織姫様の顔だわ~っておもったの

でもね、織姫様のおでこ部分に
赤いお星様があったの
ヒンドゥー教のビンディのようなやつね


それで、なぜだか安心してまた眠ったの

☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆☆*:;;;;;:*☆


大きな目と織姫様は夢だってわかったんだけど
あのUFOは、どっちかしらね?
現実だといいな~( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


で、今調べてたんだけど
不確実だけど、織姫と彦星のお話
中国のお話が起源なんだけど
インドって言う説も、ないわけではないらしい


3年ほど前に見た
ガネーシャ様の夢も、現実と即してたし
これも、もしかして・・・って思っちゃった。


もちょっと、深く調べてみようと思います♪


あぁ・・・まとまりのない日記になってしまった(´・ω・`)ショボーン
【 2008/02/10 (Sun) 】 ぷらいべーと♪ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

夢を形にする占い師☆香

Author:夢を形にする占い師☆香
ひとりひとりに合った方法で
あなたの夢を形にする 占い師 香です。


京都府生まれ。幼少より神話や妖精などの見えない世界に興味をもつ。

13歳で出会った占い情報誌「マイバースディ」がきっかけで占いに目覚める。

2003年、離婚後3人の子どもを連れて上京し
パソコン教室で室長として働きながら
プロ占い師としての活動を開始。

2007年、引き寄せの法則「ザ・シークレット」で衝撃を受け
願望実現の仕組みを求め
エネルギーワーク、魔術、潜在意識についての勉強を始める。


有名な法則やワークも
全ての人に効果が出るわけではないと気づき
占いを元に個人に合わせた方法で願望実現のサポートを始める。


自分用にカスタマイズした引き寄せワークを実践して以降
不思議なご縁とシンクロニシティが重なり
2010年より占い専門誌「Misty」にご縁をいただき本誌に記事などを掲載。

癒しフェア東京では、2010年より5年間
「Mistyブース」にて鑑定師として出演。


現在は、不動産会社で働きながら
東京・高田馬場の個人事務所にて
年間400名のセッションを行っている。


゚*********


・占い原稿の執筆
・各種イベント出演
・占い講座講師

随時 受け付けております。


お問い合わせは、下記からお願いいたします。

お問い合わせフォーム



゚*********



**メディア掲載**

** 雑誌 **

2010年 【MISTY 10月号】 
・巻頭カラー チャネリング座談会
・付録 チャネリングアート ヴェルダンディ監修

2010年 【MISTY 7月号】
・付録☆パワーストーンアイテム掲載

2010年 【MISTY 3月号】
・付録☆ハートミュージックセラピーCD
 収録曲プロデュース

2010年 【MISTY 2月号】 
・読者お悩み相談 お悩みセレブ回答

2010年 【MISTY 1月号】
・「CLOSE UP TALK」

** イベント **

・2009年~2014年
 
 癒しフェアTOKYO MISTYブースにて鑑定

・2010年 6月 
  
  月島お祭りイベント

・2012年~2014年
 
 スイーツパラダイス タロットコーナー出演

メルマガ登録フォーム
メルマガ登録・解除
キンザニッツ~満月通信~
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
訪問者
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック