011234567891011121314151617181920212223242526272803

言魂タロット2!!

昨日は、長女の学校の卒業制作展でした。



これ、卒業制作!

パーティーみたいでしょ? 調理&製菓の学校なので、卒業制作は
保護者招待の立食パーティーなのです♪

これらを美味しくいただいた後、一緒に行った息子を連れて
息子には、タブレットで映画を見せつつ、母はお仕事ですよ。

昨日は、マーヤ先生の【神代言魂曼荼羅】のワークショップがありまして
こそっと参加させて頂いておりました。(全然こそっとじゃなかったけど)

で、ワークショップが終わった後・・・・


言魂カード2に御対面っ!!!!



今までの言魂カードと違い、方向読みができるカードです。

早速、仲良くしてくれる? と聞いたら【哀】の文字!

なんでよっ!と、聞いてみるも【静】の逆位置。

他にもなんで!? どうしたらいい?と聞きながらカードを引くも惨敗 orz

今のあんたじゃ、使いこなせないでしょ?
と言われた感 満載

普通の言魂カードは、講師レベルなのに、これは使えないってか!?

・・・くぅぅぅぅ。
このカード、一筋縄じゃいかない ブー

しかし、やるわよ。
使ってやろーじゃないの!!

というわけで、「使うからね!」とカードに宣言したら、やっとOK頂きました・・。


昨日から使ってはいますが、まだまだ、カードの方が立場上・・・。
早く使いこなせるように、るかちゃんと一緒に、「今まで以上に」つつかねば。

マーヤ先生を! ね? ( ̄∇+ ̄)vキラーン




スポンサーサイト
【 2013/02/24 (Sun) 】 ぷらいべーと♪ | TB(0) | CM(1)

2013年2月の満月


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:


2013年2月の満月は


月2月26日  5:26


今回は、超わかりやすい満月時間ですね!!

ベスト時間は、アメンバー記事でかくにんを
d(・∀・*)ネッ!


お財布フリフリの際に、気をつけることは、
過去のアメンバー記事見てくださいね~


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:

香にとって、お財布フリフリは、財布に豊かさの気を満たすためのものなのです。

お財布に、十分に豊かさが来ているときは、振らないこともしばしば・・・


そのときは、満月の気を使って、別のことをしてたりします(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


とりあえず、豊かさが欲しい人は、満月を見ながら

「どのような豊かさが欲しいのか、どのように豊かになりたいのか・・・」を、

自分で再確認してみてください。


きっと 一カ月で、目に見えて変わっている何かが見つかると思いますよ!


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:

3月から、お財布お買い物ツアーを開催しております☆

矢印 どんな財布が、自分に合うのかが分からない。
矢印 お財布の見方があるらしいけど、どこを見たらいいの?
矢印 お財布の効果的な育て方って?
矢印 お財布を使い始めるのに、良いお日取りって??


そのようなお悩みにお答えします!

おかげさまで、1回目・2回目のご予約は満席となりましたクローバー
4月は開催できるかがまだ未定ですが、お財布購入ツアーは続けてまいります。

個別対応も考えておりますので、
【新しいお財布欲しいな~】という時には、お問い合わせくださいねエヘヘ


マーヤ先生のお財布メルマガも参考にどうぞ♪

【 2013/02/23 (Sat) 】 満月のお財布フリフリ | TB(0) | CM(2)

アルバム!

長女の成人式のアルバムが出来上がってきました!




普段の我が子からは想像できないおしとやかっぷりwwww

いい加工の、たっぷり画像を入れていただいたアルバムは
とっても予算オーバーでしたが、一生の思い出になるものですから
よしとしましょう~

【 2013/02/22 (Fri) 】 ぷらいべーと♪ | TB(0) | CM(2)

25年越しの引き寄せ

すごーく昔の事なので、25年前かですら、定かではないですがw
もしかしたら、もう少し前だったかもしれません。

コトの始まりは、タイトルも作者も覚えていない漫画でした。
少女漫画で、雑誌掲載のものだったと思うのですが、お菓子つくりの得意な主人公が
学校で人気の男の子を好きなお友達の代わりに、お菓子を作ってあげる・・・というもの。

絵柄と、ストーリーと、そのお菓子の「アプフェルシュトゥルーデル」という名前しか覚えておらず。

でも、マンガで読んだそのお菓子の作り方が、本当に美味しそうで 美味しそうで
私にとっては、ずっと、名前が忘れられない夢のお菓子だったのです。

高校卒業するまで、京都の片田舎に住んでおり
地元におしゃれな洋菓子屋さんはないという、そんな土地柄と時代。

ケーキ屋さんを覗いてみても、あるのは普通のアップルパイのみ。

でも、その夢のお菓子とは完全に作り方が違うのです。

その本で読んだ作り方は、
生地をうすーく、うすーくのばし、
下に敷いた新聞の文字が見えるほど、うすーーーーーくのばし、その生地で、
りんごのフィリングを、くるくると包んで焼くというもの。

いま、インターネットがあるこの世の中であれば、どこで売ってるかとか
どこに行けば手に入るかとか、すぐにわかるのでしょうが、
昔は、たまたま雑誌に載ってるのを見るか、TVの番組で取り上げられてるのを見るかくらいしか、情報源がなかったのです。

ずっと、頭の片隅にあこがれのお菓子として鎮座していた、アプフェルシュトゥルーデル。

20年以上たった、昨年末。
電車を降りて、改札に向かう階段で、ふと、その言葉を思い出しました。

「あー、そういえば、そんな漫画あったなぁ・・・。 
 アプフェルシュトゥルーデルって正式名称が覚えられない女の子たちが、
 アップシチューとか言ってたんだよなー。」

と、しょーもないことを考えながら自宅に戻り、ご飯を食べてくつろいでおりました。

バイトを終えて、真夜中に帰宅した長女。
いつものごとく、授業で作ってきたお菓子を持って帰ってきました。

そう、アップルシュトゥルーデルです!

当たり前ですが、想像してた味とは違いました(爆)

漫画だと、フィリングがもっと柔らかくて、とろーっとしてたんだものw
カスタードクリームのような、とろとろのアップルフィリングが出てくるイメージだったんだものww


でも、20年以上憧れて、初めて食べたアプフェルシュトゥルーデルは、とても美味しいケーキでした。

たいていの引き寄せは、遅くとも3ヶ月くらいで出来るようになってきた私ですが(特にお菓子ね!)
これだけの時を経て、ふと思い出すという、予兆もあっての引き寄せにはびっくりでした。

長女、また作ってくれないかな~


どんなお菓子なの?↓
こちらのブログに、美味しそうなアプフェルシュトゥルーデルが載ってます。







【 2013/02/21 (Thu) 】 体験談・実例 | TB(0) | CM(1)

魔法ってなんだろう?

まだまだ考察中の考え方なので、覚え書メモみたいな感じで。
香はこんなこと考えてるんだなとおもっていただければ。



願いを叶えるために、いくら設定をしたとしても、
願いの叶った空間に移動できなければその願いは叶わない。

その空間に移動するための手段として、
杖を振ったり、指を鳴らしたり、呪文を唱えたり、鼻をぴくぴく(古いな)させたりする。


わたしにとって魔法とは、空間を縮めたり、歪めたりしてその世界に近づけるモノ。
なにかしら、空気を振動させるという行為がない限り、それは発動しない。
魔法で何かを出すというのは、その出したいものがある空間に、一瞬で移動するという事なのではないかと思う。

物質それぞれによって、細胞の核の振動数の違いで、違うモノとして見えているならば、
(色や音も、振動数の違いで変化が出ているよね)元の元は同じモノであるはず。

物質が物質である所以には、物質の振動数が低く、
空間に固まることが不可欠であるらしい。
(高くなって空間を動き回ると液体とか・・・らしい←科学とか苦手)

例えば、手元にある固体物質を、他の物質に変化させるという魔法の場合、
手元の物質の振動数を高くして気体などに一瞬変化させ、
今度は欲しい物体の振動数を持つ低い振動数の固体に変化させるということで出来るのかもしれない。
石をパンに変える云々って、キリスト様の話になかったっけ。


サリーちゃん(だから古いって)が杖を振って、なにかを出したり、変化させるとき、
キラキラとしたなにかしら(気体といえなくもない?)が出てたし。
よくある魔法のお話などでも、魔法を使う時に、もやもやした煙のようなものがよく出てるし。
って考えると、そういうことができる人がいたのかな?とか思う浪漫。


とすると、空気の振動数を変化させて、欲しい物質の振動数に変化させることが、魔法であるのでは?

とはいえ、現在の私たちの頭の中には、一瞬で背景が変わったり、
物が手の中にあるということは受け入れがたい現象であるということは間違いない。
なので、そこに行くまでのルート、手段や、
それを手に入れる手段等の設定が不可欠なのである。

そのルートや手段の作用が、短ければ短いほど、引き寄せ上手と言われるのだろう。
なかなかうまくいかないという時は、その手段自体を信頼していないか、
その手段自体を難しいものとして捉えているからではないだろうか?
(例えば、1万円しか持ってない人が5万円の切符を買って船に乗らなければいけないとかのむずかしさ)

そんなもの関係なしに、自分の目の前にそれが出てきても問題なく受け入れられるという人にのみ、
一瞬で願いが叶うという奇跡が目に見えて起こるのではないだろうかと思う。

その期間が短ければ短いほど、それは魔法って呼ばれるものになるのではないかなぁ。

じゃぁ、物質としてのモノではなく、人や環境を変えたい場合の魔法は?

そこはまだ、考察中なのです。

【 2013/02/20 (Wed) 】 引き寄せ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

夢を形にする占い師☆香

Author:夢を形にする占い師☆香
ひとりひとりに合った方法で
あなたの夢を形にする 占い師 香です。


京都府生まれ。幼少より神話や妖精などの見えない世界に興味をもつ。

13歳で出会った占い情報誌「マイバースディ」がきっかけで占いに目覚める。

2003年、離婚後3人の子どもを連れて上京し
パソコン教室で室長として働きながら
プロ占い師としての活動を開始。

2007年、引き寄せの法則「ザ・シークレット」で衝撃を受け
願望実現の仕組みを求め
エネルギーワーク、魔術、潜在意識についての勉強を始める。


有名な法則やワークも
全ての人に効果が出るわけではないと気づき
占いを元に個人に合わせた方法で願望実現のサポートを始める。


自分用にカスタマイズした引き寄せワークを実践して以降
不思議なご縁とシンクロニシティが重なり
2010年より占い専門誌「Misty」にご縁をいただき本誌に記事などを掲載。

癒しフェア東京では、2010年より5年間
「Mistyブース」にて鑑定師として出演。


現在は、不動産会社で働きながら
東京・高田馬場の個人事務所にて
年間400名のセッションを行っている。


゚*********


・占い原稿の執筆
・各種イベント出演
・占い講座講師

随時 受け付けております。


お問い合わせは、下記からお願いいたします。

お問い合わせフォーム



゚*********



**メディア掲載**

** 雑誌 **

2010年 【MISTY 10月号】 
・巻頭カラー チャネリング座談会
・付録 チャネリングアート ヴェルダンディ監修

2010年 【MISTY 7月号】
・付録☆パワーストーンアイテム掲載

2010年 【MISTY 3月号】
・付録☆ハートミュージックセラピーCD
 収録曲プロデュース

2010年 【MISTY 2月号】 
・読者お悩み相談 お悩みセレブ回答

2010年 【MISTY 1月号】
・「CLOSE UP TALK」

** イベント **

・2009年~2014年
 
 癒しフェアTOKYO MISTYブースにて鑑定

・2010年 6月 
  
  月島お祭りイベント

・2012年~2014年
 
 スイーツパラダイス タロットコーナー出演

メルマガ登録フォーム
メルマガ登録・解除
キンザニッツ~満月通信~
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
訪問者
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック