091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

自分の時間を満喫してきた!【泊まれる本屋】 


念願の泊まれる本屋がコンセプトの
「BOOK AND BED」 に行ってきました。

※本は売っていません。あくまでも、コンセプト。
本がたくさんあるホステル、て感じです。


本読みながら、安心して寝落ちれるって最高!



たまたま、30日に入っていた予定がなくなったので、
もし空いてたらラッキーだなーってくらいで検索したら、30日、空いてた!


しかも、本棚の方のベッド!!
速攻で予約しました。


でも、ゲストハウスとか、ホステルとか初めてなもんで
もう毎日実際に行った人の体験談を検索して予習してました(笑)

たくさんの記事読んだのに、行ってみないとわからないことって多いよねー。
てことで、今後の自分のためにも、忘備録。(また行くつもり)



会社での仕事を終えて、池袋に到着。
駅の中で晩御飯を食べてから、BOOK AND BEDにむかいます。

方向音痴らしく、行き慣れているはずの池袋。

しかも、駅から1分ほどの場所で彷徨う。
看板は見つけたのに、入り口が見つからない。

デイリーヤマザキの次の小道にある看板はワナよ!
看板が見えても曲っちゃダメよ!


キリンなんちゃらの上、としか覚えていなかっ他のが敗因。
ちゃんと確認しとこう。

チェックイン時刻の20:00が迫ってきたので、諦めて電話して入り口を聞く。

キリンシティの横の通路を奥に行くと、ワナじゃない看板があった!

IMG_6274.jpg 


エレベーターで7階に。
扉が開くと、ドア。いきなりドア。

そして、横を見るとフロント。


IMG_6297.jpg 


閉まってる時は、ベルを押してお呼び出しします。
わたしは電話したせいか、開けて待っていてくださいました。


中に入る前に、身分証明書のコピーを提出。
その後、使い方と注意事項のレクチャーを受けます。

そしてカードをもらい、自分でナンバーを入力して入り口のドアを開けます(笑)


IMG_6281.jpg 


このナンバーは、翌日11:00のチェックアウトまで使えるので
チェックイン後は、自由に出入りできるようになります。


さて、中に入ると、本棚どーん!!

IMG_6243.jpg 


テンション上がります。

IMG_6285.jpg 


この天井は、ネットで見てる時から賛否両論あり。

インテリアとしてお洒落って声と、本をこんな風に使うなんて・・・って声と。

わたしは・・・あんまり気にならなかったかなー。


IMG_6278.jpg 


今回お泊まりするのは、本棚の裏にあるベッド。
…の上段。

嬉しいけど、純粋に喜べる年齢を過ぎてしまってます。
肉体年齢的に出入り大変(笑)


このはしごが、木製ではなく金属製なので
ぶつかると音が大きくて、ちょっと気になるかなー。



IMG_6277.jpg 

中はこんな感じ。

スタンダードのお部屋です。
大きさが二種類あって、コンパクトは80㎝×200㎝
スタンダードは、120㎝×200㎝で、わたしはスタンダード。

※コンパクトのお部屋は中まで見てないから、コンパクトがどんなかはわからない。

シーツが用意されてるので、自分でベッドメイクします。



IMG_6276.jpg 



スタンダードのお部屋は、マットレスの横に余裕があって、こんなロッカーがついてます。
ダイヤル式なので、自分の好きな番号でロック。

わたしのでっかいカバンもちゃんと収まりました(笑)



ベッドも寝れる状態になって、さっそくゆっくりと読書…と行きたいところですが、まだやることがあります。


ゆっくりと読書しながら寝落ちるには、
シャワーして、メイク落として、ルームウェアにお着替えせねばですよ。



わたしはお着替えだけを持ってきたので、こんなセットを 540円で購入。

ここは、現金が一切使えないので、カードかスイカとかパスモのICカードで支払いします。


IMG_6282.jpg 

トートバッグに、バスタオルとシャンプー・トリートメント・ボディソープ。
そして歯ブラシが入っています。


バスタオルはレンタルなので、使い終わったら返却が必要。

フェイスタオルの様な小さいタオルはないので、朝の洗顔後に使うって人は持参した方がよさげ。


IMG_6284.jpg 



IMG_6298_20161003001334a92.jpg 

シャワールームは3つありました。
手前に脱衣スペースあります。


24時間使えるスペースですが
0時から7時は、ドライヤー使えないから、
髪の毛を洗う人は早めに使った方がいいかも。




メイクも落とし、コンタクトも外し
すっぴんメガネ状態になって、くつろぎ読書開始!!


IMG_6280.jpg 


IMG_6283.jpg 


わたしは、本棚側のソファの、一番端っこを陣取りました。
奥の棚のところにも、もたれかかれるから(笑)


このソファのスペースは、飲食可能です。
外から買って持ってきていいのよ。


コーヒーはフロントで購入できて、コーヒーメーカーで淹れられるんだって。

IMG_6279.jpg 


ここでカップとかお皿も貸してもらえるので
コンビニで買ってきて持ち込んで食事もできるよ。

行く前に調べたら、電子レンジはないって書いてあったけど
リクエストがあったのかな?設置されていました。



IMG_6286.jpg 


わたしはコーヒー苦手なので、スティックのミルクティー持参しました。
(お湯は自由に沸かせる)


軽く漫画からはじめて、ちょっと小難しい本に移行したけど
リラックスしすぎてるせいか、頭に入らない(笑)


なので、エッセイとかの軽めの本を選びました。


IMG_6287.jpg 

カレーライスについてのエッセイばかり集めた本。
お腹すいたけど、着替えちゃったから、買い物に行けない(笑)


今度行くときは、先になにか、食べ物買ってから行こう。
冷蔵庫とかはなかったので、生ものとかは無理そうだけど。


ある程度夜も更けてきたら、皆さんだんだんと自室にこもり始めます。

わたしも、本を何冊か選んでベッドに。


IMG_6295.jpg 


IMG_6288.jpg 


ベッドの中は、お洒落なランプがついていて
2つコンセントがあるので、充電も可能。

音が気になるって人は、耳栓が無料で用意されています。
カラオケルームでも熟睡できるわたしは、使わなかった。


IMG_6289.jpg 


ラウンジの灯りはちょっと暗めなので、夜目が効かないって人は
始めからベッドに籠った方がストレスはないかも。


ベッドの中も快適だったんだけど
ひとつ残念だったのは、乾燥すること。

ランプのせいなのかなー?

すぐくちびるが渇くので、リップクリーム必須かもしれません。

ベッドの中は、飲食禁止なので、お水が飲めないのもちょっと不便。
下の段なら、ちょっと降りて飲んで戻るってできるんだろうけど
上の段から降りるのはちょっと・・・・。

お水くらいはOKにならないかなー。


それでも、いつの間にか本を読みながら、至福の寝落ち。
途中で目が覚めてランプを消して再度寝ました。


わたしは音が気にならないタイプなのですが
夜間も人の出は入りがあったりするので、気になりやすい人は
本棚裏ではなく、奥にあるBUNKルームのほうがいいかも。

本棚裏は、出入り口の真ん前なので、割と音が響くので。



切るのを忘れていたアラームで目覚め。
お休みなのに、息子のお弁当作る時間に起きちゃったわ。


せっかくなので、まだ人の少ない時間に、朝からゆったり読書を楽しみます。


IMG_6290.jpg 


本棚前は、寝ている人もいるのでちょっと暗め。

本棚をずーっといったところにBUNKルームがあります。
カプセルホテルみたいな2段ベッドらしいよ(見てない)。



IMG_6292.jpg 


お腹が空いたので、途中で朝ごはんを買いに外出。

サンドイッチとココアを買って戻ってきて
本を読みながら食べる幸せ♪

朝の準備してすぐに買いに行く方が、あとの時間ゆっくりできるかなー。


IMG_6293.jpg 


奥が特等席らしいのですが、私はこの撮影位置の方が
良い具合に寝転がれて好きです(笑)



IMG_6294.jpg 


本棚前のソファも、割と奥行きがあるのだけど、
窓辺のソファはもっと奥行きがあって楽。

11時のチェックアウト近くまで読書を堪能してきました。


久々にゆっくりと読書できた!


本はたくさんあるんだけど、読みたい本があるのかっていうとそうでもない。


自分のまだ読み切れてない本持ち込むのもありだと思う。
持参した本を、読み終わってから、寄贈できるシステムとかあればいいのに。
(ってアンケートに書いた)


でも、気になってたけどお金出してまではなーって思ってた本が読めたからよしって感じ。


なかなか予約取れないって聞いてたのに
さくっと希望日が取れたから、もうそんな混んでもないのかなーと思ってたんだけど
やっぱりまだ予約取りずらいねぇ。


予約システムの希望日での検索は使いづらかった。

yoyaku.jpg 


カレンダーからあいてる日を探して、自分の予定とすり合わせる方が
予約取りやすいかもしれません。



実は、初めてネットでクレカ使いました。
(絶対使わないって決めてたのに、あっさり)

だって、ここ、クレカでしか予約取れないんだもの。
クレカない人はお泊りできないってことだよね。

お部屋ごとに鍵があるわけではないので、身元がしっかりしてるっていうのが必須なのかもしれません。



読書は満喫した。

自分の時間もたっぷり堪能した。


でも、夜更かしした上に、早起きしちゃって寝不足のまま(笑)


初めては周りを見ながら行動するので、完全に満喫した!とは言い難いかもしれない。
ここは、2回目以降が一番楽しめると思います。


というわけで、次行く日いつにするか決めよう(笑)




★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
   あなたの夢を現実にするお手伝い
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
◆ パワーストーン・占いの店  QUINZE NITS
  http://quinzenits.cart.fc2.com/

◆ Facebook
  https://www.facebook.com/kaori.sakurai.121

◆メルマガ「満月通信」  
  満月の2日前に発行・ご登録はこちらから 
  メルマガ「満月通信」
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★








スポンサーサイト
【 2016/10/03 (Mon) 】 体験談・実例 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

夢を形にする占い師☆香

Author:夢を形にする占い師☆香
ひとりひとりに合った方法で
あなたの夢を形にする 占い師 香です。


京都府生まれ。幼少より神話や妖精などの見えない世界に興味をもつ。

13歳で出会った占い情報誌「マイバースディ」がきっかけで占いに目覚める。

2003年、離婚後3人の子どもを連れて上京し
パソコン教室で室長として働きながら
プロ占い師としての活動を開始。

2007年、引き寄せの法則「ザ・シークレット」で衝撃を受け
願望実現の仕組みを求め
エネルギーワーク、魔術、潜在意識についての勉強を始める。


有名な法則やワークも
全ての人に効果が出るわけではないと気づき
占いを元に個人に合わせた方法で願望実現のサポートを始める。


自分用にカスタマイズした引き寄せワークを実践して以降
不思議なご縁とシンクロニシティが重なり
2010年より占い専門誌「Misty」にご縁をいただき本誌に記事などを掲載。

癒しフェア東京では、2010年より5年間
「Mistyブース」にて鑑定師として出演。


現在は、不動産会社で働きながら
東京・高田馬場の個人事務所にて
年間400名のセッションを行っている。


゚*********


・占い原稿の執筆
・各種イベント出演
・占い講座講師

随時 受け付けております。


お問い合わせは、下記からお願いいたします。

お問い合わせフォーム



゚*********



**メディア掲載**

** 雑誌 **

2010年 【MISTY 10月号】 
・巻頭カラー チャネリング座談会
・付録 チャネリングアート ヴェルダンディ監修

2010年 【MISTY 7月号】
・付録☆パワーストーンアイテム掲載

2010年 【MISTY 3月号】
・付録☆ハートミュージックセラピーCD
 収録曲プロデュース

2010年 【MISTY 2月号】 
・読者お悩み相談 お悩みセレブ回答

2010年 【MISTY 1月号】
・「CLOSE UP TALK」

** イベント **

・2009年~2014年
 
 癒しフェアTOKYO MISTYブースにて鑑定

・2010年 6月 
  
  月島お祭りイベント

・2012年~2014年
 
 スイーツパラダイス タロットコーナー出演

メルマガ登録フォーム
メルマガ登録・解除
キンザニッツ~満月通信~
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
訪問者
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック