091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

想いの怖さ【潜在意識のお話】

2007年01月30日


わたしたち親子が関東に越してくる前なので
もう4年ほど前の話になります。(今からだと、約11年になるかな?)


ダンナとの別居話を進めていたわたしは
職場にも退職日を告げ、引越しの段取りも済ませ
ダンナにも念書と離婚届を書いてもらい
後は学校に転校の手続きをとってもらうだけとなっていました。



当時2歳だった長男と、小学3年生だった次女は
5月の連休明けにわたしと共にこちらに移る予定にしていました。
小学6年生だった長女だけは、
6月初めに修学旅行を控えていて、悩んでいました。



話し合った結果、最後の思い出だから・・・と
修学旅行をなかよしの皆と過ごしてもらい
後から来てもらうことにしました。



長女は、「妹や弟と別れたくない。ママと一緒に居る。」
と言ってくれていました。
けれど、わたしはダンナの元に長女一人を残していくのが怖かったのです。



長男や次女がいなくなった家で、
長女までもがいなくなることを恐れたダンナが
手放さないんじゃないか・・・
そんな不安でした。

修学旅行の準備もあるし、日々のご飯のこともある。
何より、ひと月とはいえ、女の子。
大丈夫だろうか・・・
そんな不安もありました。



諸事情で、5月に引越しすることにしたわたし。
両親も孫の到着を待っているし
引越しの手伝いを頼んだ友人も、
その日のために3日間仕事の休みをとってくれている。
それに、5月入居予定でもう家賃も払い込んでしまっている・・・


本音は、ひと月延ばしたい・・
でも、言えない・・・
修学旅行以外に、どうしてもひと月延ばさないといけない理由が出来ないだろうか。



そんなことを考えていたある日・・・




長男が、お姉ちゃんたちと遊んでいて
2段ベッドから梯子にぶつかりながら落ちてしまったのです。



大きな泣き声に慌てて子供部屋に行くと、
鼻の下、唇の上・・・あわせて3箇所が裂けていました。



急いで救急車を呼び、病院へ。
怪我そのものは大きかったものの、まだ綺麗に裂けていたとのことで
縫い合わせる手術を終え、家に帰りました。



完治まで1ヵ月半。
それは、修学旅行が終わる時期です…。



わたしがあんなことを望んでしまったから…
自分が不安だから。とはっきり言って行動を起こしておけば…



命に別状はなかったものの傷を残してしまった。
男の子だからまだよかった・・・そういう問題でもありません。
怖い思いも、痛い思いもさせてしまった。
お姉ちゃんたちにも、自分がちゃんと見ていなかったから・・・と言う思いを抱かせてしまった。



反省しても仕切れないほど、落ち込みました。



ちょうどその事故があったすぐ後に
チャクラリーディングを頼んでいました。
気になることがあれば、それも教えてください。とのことだったので
長男の怪我について伺ってみました。



「彼はあなたの思いを敏感に感じ取る存在。
あなたの思いが、彼の思いになります。
だけど、それは彼が彼として生きていくまでのほんの数年のこと。
その短い間の、この深い繋がりを大事にしてください。」




と言うようなメッセージを戴きました。
長男が小さかったせいもあって、母親であるわたしと深く繋がっていたようです。
そして、わたしの願いをかなえることを選んでくれたのです。



このときからわたしは、
無意識にインプットされる想いが、現実を引き寄せるのだと認識したのです。



いまだ無意識の法則をしっかりと理解できているわけではないけれど
なるべく悪い方向に考えないように心がけています。




といっても、生きているからこそ、いろんなことで悩みます。
2014年の今でも、うだうだ悩みますし、悪いことも考えてしまいます。

この世界、自分一人だけが生きているわけではない。
だからこそ、他の人の言動にも影響される。


自分がどのような経験をしたいのか
自分がどのように生きていきたいのか

目の前に現れるのは、そんな前向きに一生懸命に考えた思考の事だけではなく

ふとした不安
もしかしたらこうなってしまうかもという恐れ
自分には高望み過ぎるのではないかという自信のなさ

それらもまた、考えたことは、「望んだのはこれだよね!」と、目の前に現れてきます。

わたしは、こういう経験をしたからこそ、
引き寄せの法則にある【すべては自分が望んだ形で現れる】ということが
納得できるのです。


自分にとって、望まない思考が頭を支配している。

ワタシは、そんな時は、すぐに切り替えるか、
切り替えられないときはとことん考えて、解決方法を望むようにしています。


スポンサーサイト
【 2014/04/15 (Tue) 】 体験談・実例 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

夢を形にする占い師☆香

Author:夢を形にする占い師☆香
ひとりひとりに合った方法で
あなたの夢を形にする 占い師 香です。


京都府生まれ。幼少より神話や妖精などの見えない世界に興味をもつ。

13歳で出会った占い情報誌「マイバースディ」がきっかけで占いに目覚める。

2003年、離婚後3人の子どもを連れて上京し
パソコン教室で室長として働きながら
プロ占い師としての活動を開始。

2007年、引き寄せの法則「ザ・シークレット」で衝撃を受け
願望実現の仕組みを求め
エネルギーワーク、魔術、潜在意識についての勉強を始める。


有名な法則やワークも
全ての人に効果が出るわけではないと気づき
占いを元に個人に合わせた方法で願望実現のサポートを始める。


自分用にカスタマイズした引き寄せワークを実践して以降
不思議なご縁とシンクロニシティが重なり
2010年より占い専門誌「Misty」にご縁をいただき本誌に記事などを掲載。

癒しフェア東京では、2010年より5年間
「Mistyブース」にて鑑定師として出演。


現在は、不動産会社で働きながら
東京・高田馬場の個人事務所にて
年間400名のセッションを行っている。


゚*********


・占い原稿の執筆
・各種イベント出演
・占い講座講師

随時 受け付けております。


お問い合わせは、下記からお願いいたします。

お問い合わせフォーム



゚*********



**メディア掲載**

** 雑誌 **

2010年 【MISTY 10月号】 
・巻頭カラー チャネリング座談会
・付録 チャネリングアート ヴェルダンディ監修

2010年 【MISTY 7月号】
・付録☆パワーストーンアイテム掲載

2010年 【MISTY 3月号】
・付録☆ハートミュージックセラピーCD
 収録曲プロデュース

2010年 【MISTY 2月号】 
・読者お悩み相談 お悩みセレブ回答

2010年 【MISTY 1月号】
・「CLOSE UP TALK」

** イベント **

・2009年~2014年
 
 癒しフェアTOKYO MISTYブースにて鑑定

・2010年 6月 
  
  月島お祭りイベント

・2012年~2014年
 
 スイーツパラダイス タロットコーナー出演

メルマガ登録フォーム
メルマガ登録・解除
キンザニッツ~満月通信~
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
訪問者
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
検索フォーム
最新トラックバック